ギャンブルは自分はやりたくありません

ギャンブルは一攫千金をゲットできて一夜にしてシンデレラボーイになることだってあると思います。
ギャンブルでイメージするのはラスベガスのカジノをイメージします。
多くの大富豪達がそこで熱いバトルを繰り広げている感じですね。

ギャンブルが好きな人はどんどん一攫千金を狙ってラスベガスでも他の所でもチャレンジしてみるといいかもしれません。
しかし私は今仮に1000万あるとしてもギャンブルにはお金を使いません。

勝つか負けるかでテンションがまるで違う何かより、どうせ使うお金ならきちんと自分の心と体に必要性あるものにお金を使いたいという希望があるからです。
従って、旅行だとこファッションだとか美容、そんなものにお金を使いたいです。
ラスベガスに友人が一緒に行こうと言われても本当に行くだけと言った感じになると思います。

もう雰囲気だけ楽しんでるなあいつという感じです。
友人がギャンブルに夢中になっているのを横から見るだけでいいんです。

私は今後もギャンブルしない人生だと思います。
私がここまでギャンブルを嫌っている理由はギャンブルにハマって借金で苦しんでいる人を知っているからです。

以前よりお金に関して気を使うようになったのは、子供が生まれてからです。
大きな出費はなくとも、こまごまとした物が積み重なっているような形です。
育児に関しては、おむつ大、洋服代、食費、保育費、レジャー費など様々です。

うまくやりくりできるようになんとかやっていますが、これからさき増税があったり、学費がかかるとなると具体的な対策がもっと必要だと感じています。
娘の笑顔がみたくてついつい、買ってしまう玩具の費用もトータルするとバカになりません。

今後気をつけることは、出費をまず第一に減らすということ。
収入源をもっと増やすということです。

シンプルですがなかなか難しいのが現実です。
最近はポイントをうまく活用したり、割引もうまく利用しています。

ただ、こころまで貧しくはなりたくないので、楽しんで節約や、やりくりをしたいものです。
毎日触っているお金を大切な人と楽しむ為に、これからも頑張って稼ぎ続けようと思います。

クレジットカードという便利なものがあるが、これを使うと非常に便利な反面、なかなか貯金することができない。
クレジットカードは当然後払いだ。

つまり将来の給料がカード会社に差し押さえられることと同義である。
その代り現金がなくてもほしいものをタイムリーに手に入れることができ、おいしい食事ができるのである。

私も学生時代にもっともアルバイトにいそしんでいたころだが、1か月で25万円の収入があった。
しかし、仕事終わりに毎日のように飲みに行きカードで支払うということをしていたら、結局当月が赤字で終わってしまい、貯金が全くできなかったのである。

このように、その時一時の快楽を求めるがために将来の貯金できるチャンスを失ってしまうのである。
私は最近貯金を心掛けているため、クレジットカードを使うことは減った。
しかしながら、賞与や住宅手当などがはいり次月の給与が高いことがあらかじめ分かっているときはやはり使ってしまう。
これをぐっと我慢できるようになると、貯金ができるようになると信じつつ、入会キャンペーンでポイントがもらえるがために年会費クレジットカードの申込書を書いてしまうのだが。。。

大学時代からアルバイトを始めてからはクレジットカードをずっと使っていました。
現金を持ち歩くのも面倒だったし、クレジットカードを使うことによってポイントもたまったりするので得点を利用したつもりで使っていました。

クレジットカードをもってからは大金の買い物も出来るようになりとても重宝していました。
何万円の買い物も一回払いはきついので何ヶ月かの分割払いにしていましたし、何十万の買い物は12回払いなどもしたことがあります。

しかし、クレジットカードでの買い物がかさばりいくつかの分割払いが重なると月の返済が何万円もなることもありました。
今すぐ現金がなくても来月の給料からちょっとだけ借りて使う感覚でクレジットカードを使っていましたが、使いすぎて厳しくなってから初めて借金の怖さを痛感しました。
それほど無理はしていないので全て返済することは出来ましたが、おかげで貯金もたまらず、社会に出ましたので貧乏な出発となりました。

ウイズユー ヤミ金

カード払いにはご注意

私は普段の生活の中でよくクレジットカードを使用します。クレジットカードはお金がないとき、手持ちがないときはとても便利なものです。しかし使い方によっては凶器にもなるアイテムです。

私は、ネットショピングが大好きです。ネットショピングをする際の支払い方法はほとんどがクレジットカード払いです。買っているときは、その場でお金を払うわけではないし自分なりに計画的に買っているつもりなのでとても便利に感じます。

しかし、いざ支払いの月になると思っていた以上の請求がきていたり、予想していた金額だとしてもいざ、支払うとなるとなんだか重たい気分になってしまうのです。

これがクレジットカードのなんてんなのです。買うときはなんてことありません。しかし、お金を払うときはもう商品が届いてしばらくしてからなのです。
そのため、使っているものは過去のものなのにその過去の買い物の請求がやってくるといつも支払いに苦しんでしまうのです。

アヴァンス 過払い
http://www.fadoi.net/

返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、弁護士や司法書士に対応してもらえる法律事務所です。弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができますが、司法書士が任意整理や過払い金請求を行う時は、その金額が140万円を超えていると受託できないという決まりがあります。
絶対に140万円に満たないというケースならどちらでも結構ですが、額が大きくなることも否定できないとすれば弁護士に頼む方が安心でしょう。

名字が結婚や離婚で変わった時、債務整理の記録がゼロになるなんて事は起こりません。カードの入会申し込みで旧姓を書くところもよく見られますし、氏名以外の情報も本人確認に用いられます。
それに、審査が通ったと仮定しても、後に債務整理の記録が明るみに出た時点で即座にカード利用の停止やカードの返却要請がされる恐れも大いにありえます。

全債務の返済の義務が免除されるというのが自己破産の特徴ですが、申請したとしても免責が認められない例があります。それと言うのは、お金の使い方が良くなかった人の場合です。
例えば、ギャンブルや投資につぎ込んでいたり、べらぼうな金額の買い物をたびたびしていたような場合が当てはまります。こうした理由で免責が受けられなかったならば、他の方法で債務整理を検討しましょう。

日常的に借金をしているような人の中には、債務整理を複数回することは可能なのだろうかと悩んでいる人はいませんか。一般的には何度してもかまいません。とは言え、既に債務整理をしたことがあって改めて債務整理を希望するとなると、債務整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。

債務整理をすれば大丈夫と軽い考えでいるのは禁物です。もう生じてしまっている利息と今後生じることになる利息を免除して返済を元金だけに絞る方法が、債務整理の中で任意整理と言われる方法になります。
債権者と談判して、話がまとまったならば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、ひと月あたりの返済額の負担を軽くできるでしょう。

元金がそのままの額では返済が困難な人は、別の債務整理の方法である個人再生によって手続きを行う事になります。保証人がついた借金の場合は、債務整理の影響を保証人も受けることになります。
債務整理に選んだ方法に応じてどのような影響となるかは異なり、任意整理や特定調停であれば書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人が借金の取り立てを受ける事はありません。
けれども、個人再生とか自己破産の場合には、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、全額の返済をその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。

月々の支払が難しいという時の措置というポイントは重なりますが、任意売却は不動産を購入したけれどローンがどうしても返済できなくなった場合にその不動産を売って売却金をそのまま返済の足しにする事を言います。
かたや、債務整理は返済が困難な借金を相応の方法で整理して、完済につなげる事です。

不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そういった人は任意売却と債務整理を両方とも行います。任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。異なる点は、
元金の減額があるかないかです。

任意整理については債権者と債務者が話し合うことで返済額は将来利息をカットしたもので決定し、月々の返済をしていくもので、普通は元金については変わりません。
一方の民事再生では返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

債務整理の手段全てと同じで、過払い金請求の手続きも個人で可能です。この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、もしかするとその際にゼロ和解の申し出をされるかもしれません。
というのは、残債をゼロにして決着しませんかというオファーです。取引履歴を確かめる前にそれを承諾すると発生している過払い金がどれだけなのか知らずにいることになります。軽々しくゼロ和解を受けると損が出てくることも考えられます。

自己破産、民事再生、任意整理は全て債務整理とは言うものの個々に独自のメリットを持っています。自己破産なら借金を一切返済する必要がなくなりスタートラインから再出発できます。
第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は守ることができます。
最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、それだけでなく借金の金利や借入期間によって過払い金を返還してもらえる場合もあります。

お金に困った時

お金がない時って色々あると思うのですが、私の場合お得になるかなと思って使い始めたクレジットカードの引き落とし日が、給料日の二日前だったりするので、給料日前に引き落とされる金額を、通帳の残高に残しておかなければなりません。
これも、管理がきちんと出来ていたら問題ないのですが。

赤字になるのは嫌だし、せっかく貯めた貯金も崩したくないし、と思うので、そんな時は土日の仕事が休みの時は一歩も外に出ません!
たとえ、食材ひとつ足りない時があってスーパーに行くと、必ずといって良いほど、余計な物を買ってしまいます。なので、本当にその時に必要ではなかったり、後日でもいい買い物は先に、先に伸ばせる様に努力します。

お金がない時は、たとえ1円でもお金を使うことが無駄なんだ。と、自分に暗示をかけるだけでも、かなり意識がかわります。

他には、給料日前のお金がない時はスーパー、薬局などの今まで貯めてきたポイントで、買い物をし、出来るだけ現金を使わないようにしています。

世間知らずだった、、(;д;)

今週末にお引越しします(^^)

せまーーい2DKから
3DKの賃貸アパートにお引越し♪

旦那と赤ちゃんの3人で住むなら
まぁ十分かなって感じ(p゚∀゚q)

当時1人暮らししてた旦那と
結婚してから
なかなか良い家が見つからなくて
とりあえず知り合いから借りた
狭くて古いアパートから
やっとお引越し(^O^)

今のアパートに来たときは
旦那が軽トラで荷物も運んでくれたし
部屋の方もいきなり鍵渡されて
月々の家賃払ってただけだから
旦那も私も人生初めての引越しで
かかったお金は
来月の家賃の前払いした料金くらい!

すごくすごく安かったし
楽でした(^_^)?

そして今回は
旦那も私も人生2回目の引越し!

貯金も全然ないし
でも、子供も歩き出して
荷物も増えて来て
今の家も限界だし

なるべく安い所に住もうと
ネットで探しまくり、
情報誌で探しまくり、
不動産も10件くらい周って
やっと決まりました!

そして、手続きに入るために
不動産が色々説明してくれて

火災保険、保証、仲介手数料、、、、

え!!!

私も旦那も引越しするのに
初期費用がかかる事
全く知りませんでした(;д;)

本当に世間知らずでした、、、

しかも 最近旦那が忙しくて
今回は荷物の運びを
引越し業者に頼むという事で
見積もりしてもらったら

またまた予想外に高い(;д;)

貯金は全部なくなってしまいます。

でも、もぉ本当に
引越さないとしょうがない
ところまで来てたので
今月入る私の育児休業給付金と
子供手当てをあてに
引越すことに(>_<) そして 引越し3日前、、 口座を見てみると 育児休業給付金が入ってない!!! 会社が手続き間に合ってない みたいでした、、(;д;) もぉこれで本当に 貯金がなくなってしまった、、、 どうにかなると信じて 頑張ります、、w

貧乏な私を救ったアプリ

普段週3日のパートとして働いている私の収入は、もちろん雀の涙ほど。
保険や携帯料金などを差し引いてしまえばほとんど手元に残りません。
それでも今の仕事にやりがいを感じているし、正社員になれる可能性もあるので辞める気はさらさらないのですが…。

もともと欲らしい欲もそこまで無く、娯楽にかけるお金は多くないのですが、私には1つ問題がありました。

そう、私は敏感肌の持ち主だったのです。
どの化粧水・乳液を試してみても全く合わず、かぶれたり、ぽつぽつと吹き出物が出てしまい心底困っていました。
高いスキンケア商品にはもちろん手が出ず、かといって薬局にあるようなものに少量のサンプルはなかなか見つかりません。
手当たり次第に買って試しているうちに、ものすごい金額になってしまいました。

お金を使いたくない、けれど肌に何もつけないわけにはいかない…。
そんな時、重宝したのは携帯のおこずかいアプリでした。

案件として出ているアプリをダウンロード、起動するだけでポイントがたまり、それをAmazonのギフト券に交換できるというもの。
1日につき数十ポイントという地道なものでしたが、塵も積もればなんとやら。
今までに交換した金額は数万円単位になります。

化粧水や乳液はもちろん、サプリメントや電化製品まで…
実際のお金を使わずに手に入ったものが山ほどあるのです。
本当に、おこずかいアプリというものを知ることができてよかったと思います。
これからしばらくは貧乏生活が続く予定なので、しっかり助けてもらうつもりです!

タクシーにのって財布をわすれたときのこと

私がお金に困った時のエピソードは、少し遠くのデパートにいくときにタクシーを利用しました。
到着してさて、お金を払おうとおもったら財布が鞄のなかにありませんでした。
出る前にトイレに入ったのでそこで忘れたのだとおもいます。タクシー代も払えないしデパートについても財布を忘れたんじゃ買い物もできません、笑

結局家までもう一度そのタクシーに引き返してもらいましたが、デパートで買うつもりだったものよりもタクシー代の方が高くつきました。
帰りは電車を利用して帰るつもりだったので・・。
とんだ出費でありました、笑

家をでるときには、かならず鞄のなかの持ち物をチェックしようと最近は心掛けています。
タクシーにのるときはいいですが、おりたときの財布がない絶望感はもう味わいたくありません。
買い物もできないし、じぶんは何をしにここまできたんだとゆう気分になり馬鹿らしくなるからです。
いそがしいときでも、自分の持ち物チェックはかかせないなぁとおもいました。